ブログやSNSは認知症予防に効果的。ぜひブログを書いてみませんか

ブログを書く ブログ
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

みなさんブログ書いてますか?

人のを読むだけ?

コメントを書くだけ?

せっかくパソコンやタブレットがあるのに、もったいない。

自分の文章を書いて、残してみませんか?

「いいね」やコメントを通して、他の人と交流してみませんか?

始めるのは簡単で、やってみると面白いですよ。

ブログを書くメリット

ブログを書く
フリー素材ぱくたそより引用

●アメリカの研究で、認知機能が上昇したとの研究結果

ブログは、毎日作文を書いているようなものです。頭をフル活動させるので、脳の働きがとても良くなるはずです。ネタによってはネットで調べながら書くこともあるため、いまさらながら知識も増えていきます

高齢者が2カ月SNSに取り組んだら認知機能が25%上昇した」という研究結果がアメリカで発表されました。

高齢者、特に仕事を退職したリタイア世代にとって、SNSの利用は孤独感を小さくさせるなど精神衛生上のメリットが多いということが、認知症予防につながる要因のひとつであると言われています。

シニアのあんしん相談室   より引用

SNSはブログを含めツイッターやラインなど、インターネットを使うネットワーク全体を指しますが、高齢者の認知機能に効果があることが証明されています。

ボケっとテレビを観ているよりはよっぽど脳にとっても良いし、他人とのつながりができるため、孤独感が少なくなります。

ただラインだと「いまから蛙」「気を付けて」など短文のやりとりなるため、電話と変わりません。

ブログは慣れてくると数ページはあっという間に書いてしまいます。文章の構成、起承転結、画像選びなど様々な形で脳を使うことになります。

スポンサーリンク

脳の認知機能を活用する

脳の認知機能
フリーフォト写真ACより引用

起承転結を考え、人を楽しませる文章を書くのには、脳をフル活用します。
ボケてなんかいられません。

そこまでしなくても、だらだら文章を書くだけでも頭を使います。

画像は無料画像が使えるのですが、写真を選ぶだけでも楽しいです。もちろん、自分が一眼レフやスマホで撮った写真も載せることができます。

アクセス数、コメントや「いいね」で承認要求が満たされる

いいねボタン
出典:Neverまとめ  より引用

知らない読者からコメントがきたり、「いいね」のようなボタンを押されることがあります。アクセスが急に伸びることもあります。

この記事は面白かったんだ」と自己肯定できます。

人とのつながりで孤独でなくなる

SNSで人とつながり
フリー素材ぱくたそより引用

コメントや「いいね」をしてもらえると、お返しにブログを読んで「いいね」を押したりしたくなるものです。「返報性」という行動ですね。それにより人との交流が増えていきます。相手は20代の女性だったり50代オジサンだったりさまざまです。

スポンサーリンク

ソーシャルメディアによる「つながり」の現状

ソーシャルメディアとは、ツイッターやラインやブログのことです。総務省が調査した結果があります。

総務省ソーシャルメディアのつながり
出典:総務省・ソーシャルメディアによる情報発信・閲覧(日本) より引用

赤線フェイスブック、ツイッター、ライン赤丸ブログです。
これによると、自分から「発信」するのはわずか数%、あとは受け身か、利用していない人が過半数を占めています。特にブログは少ないようです。

グラフが大きすぎるので省きますが、先進国のアメリカ・ドイツ・イギリスでは、フェイスブックの利用は8倍近く、ツイッター、ブログの利用も2倍近いというデータが出ています。

ラインはさすがに日本が多かったですが、これは国によって流行りがあるからです。

パソコンやスマホを使って脳を刺激する

パソコンで脳を刺激
フリー素材ぱくたそより引用

パソコンやスマホでブログやSNS(ライン、ツイッターなど)すると、「脳に効く」研究結果も出ています。

水戸黄門やプロ野球をぼけっと見て脳を使わないよりはるかに脳のためになるようです。

米国オレゴン健康科学大学のグループは、「パソコンをよく使う高齢者ほど記憶中枢の海馬の容積が大きい」という研究結果を示しました。

シニアのあんしん相談室 より引用

高齢者向けのパソコン教室やスマホ教室がよく開かれていますね

スポンサーリンク

ブログとは

昔は通信回線というと、通信したい2か所が1本の回線で引かれていました。
1本しかないため、災害など有事の際に切れたらいっかんの終わりです。

インターネットはそれとは違う方式をとっています。アメリカの大学間ではじまったのが発端ですが、回線が網目状に世界中に張り巡らされているのです。

インターネットは網目状
フリーフォト写真ACより引用

なので、どこかで災害や戦争があって回線が切れても、別のルートをたどって繋がるという大きなメリットがあります。

そしてWEB(インターネット)にLOG(記す)という意味の「ウェブログ」が訳されて「ブログ」と呼ばれるようになりました。

同じものですが、個人や芸能人が毎日のように更新するものをブログ

企業が自社の宣伝や商売に用いるものをサイトホームページと呼んでいるようです。


現在でインターネット回線上で誰でも見られるようになっており、企業の運営に欠かせなくなったサイトですが、様々な形があります。

企業のサイト、もしくはホームページと言われるもの

例)サントリーのサイト
筆者がたまたま酒が好きなので選んだだけですが

サントリー
出典:サントリー  より引用

企業の宣伝ブランディング(ブランド価値を持たせる)のが目的で、商品情報や求人情報が載せられています。

ニュースやいろんな情報をつめたポータルサイト

例)ご存知Yahoo!Japanサイト

Yahoo!Japan
出典:Yahoo!Japan より引用

ご存知Yahoo!のページです。ニュース、ショッピングその他さまざまな情報が見れるようになっているポータルサイトと言われる形です。

企業が物を売るためのECサイト

例)ナイキ

ナイキ
出典:NIKE より引用

商品の宣伝もするし、購入することができるECサイトと言われる形式です。

企業や個人がつくるサイトには以上のようなものがあります。普通、サイトはブログとは違って毎日は更新されません。

スポンサーリンク

個人が書くブログ

個人ではそんなに大きなサイトはつくれませんが、何年も続けて、1ヵ月に何10万アクセスを集めるブログもあります。

これは本業をしのぐ収入になったりして、サラリーマンをやめて専業ブロガーというのになったりするのですが、ここではそんなものは求めず。

あくまで趣味。

あくまでお手軽に。

しかしテレビで時代劇や野球を観るのに頭は使いませんが、文章を書くのには頭を使います。しかも簡単に始められます。

個人ブログには完全に趣味でされてる方が多いです。

個人の販売サイト

例)らくらくダイエット&スイーツ ダイエット商品を扱っています。

らくらくダイエット&スイーツ
出典: らくらくダイエット&スイーツ  より引用

個人が自分の書きたいことを書くブログ。日記に近いもの

例)サン ダンシュ ダイアリー断酒日記

サン ダンシュ ダイアリー
出典: サン ダンシュ ダイアリー  より引用

笑えるブログ

例)つまらぬものを斬ってしまった

ほぼ文章だけで笑える、とんでもない文章力の持ち主です。文章が苦手な方にオススメです。

つまらぬものを斬ってしまった
出典: つまらぬものを斬ってしまった より引用

まままっこりさんという主婦の方がかかれていますが、文章で笑えるこれ以上のブログは見たことありません。

スポンサーリンク

絵・写真ブログ

例)風のかたみの日記

一眼レフカメラが趣味の方で、撮った写真をひたすらアップされています。キレイです。

絵・写真ブログ
出典:風のかたみの日記  より引用

 

闘病ブログ

例)酒をやめたいと思ったら読むブログ
本人のアルコール依存症やうつ病体験などの記録。

闘病ブログ
出典:酒をやめたいと思ったら読むブログ より引用

 

ほかに介護ブログ、ただの日記、ダイエット、副業、断捨離、食レポブログなどなどいろいろありますね。

どんなブログをかけばいいの?

このように、様々なブログがあるというかスタイルがあるというか書きたいことを好きに書いておられます。

じゃあ、ぼく(私)はなにをかけばいいの?

と思われるかもしれませんが、悩みがあればお悩み系のブログにすると、人は読みたくなります。人の幸せな記事はあんまり読みたくないですよね。

嫁姑問題、子育て、旦那の浮気、病気、介護、ダイエット、貧乏、借金などなど。人の不幸は蜜の味なので、読んでみたくなりますね。

始めは雑記の日記スタイルで、ブログを始めてみませんか?始めは無料ブログを使いますが、これもいろいろあるため、次回ご紹介します。

スポンサーリンク

まとめ

ブログ、SNSで手や頭を使うことにより、認知機能がアップします。

水戸黄門やドラマや野球を観ているだけでは脳は使いません。文章を書くと、脳をフル活用することになり、認知症予防になります。

次回書きますが、ちょっとしたお小遣い稼ぎもやろうと思えばできます。

様々な形のブログがあり、書き方も自由です。始めは日記スタイルでブログを始めてみませんか?

コメント