ブログにフリー画像を貼る方法【初心者】ぱくたそ・写真AC・いらすとや

フリー画像ぱくたその茜さや ブログ
ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

前回はブログの検索されやすい記事タイトルの決め方、 読みやすく体裁を整えた文章についての記事を書いてみました。

【参考記事】

次は読者がもっと読みやすくするよう、ブログにフリー画像を貼ってみようと思います。よく「食レポブログ」や「旅ブログ」の場合は、自分で撮った写真が貼られていますね。

その他のブログ場合、画像がありません。なので、無料のフリー画像をダウンロードできるサイトからフリー画像を取ってきます。

お金があれば有料の画像サイトを利用するのですが、そうではない場合、初心者でも慣れた人でもたいていフリー画像サイトを利用します。

初心者でも簡単、基本的な画像の貼り方

ブログに画像を貼る方法・アイキャッチ画像

上記のように、まず先頭にアイキャッチ画像を貼り、目を引くようにします。

そして見出し(各章の題)の下に1つづつ貼っていきます。画像はブログの場合、横長画像が良いです。(写真ブログや旅ブログではこの限りではないです)

これが画像の貼り方の黄金パターンで、一番読みやすい貼り方です。初心者の方でも同じようにすればブログらしくなりますよ。

スポンサーリンク

画像はブログの内容を表すように

もちろん画像は適当ではなく、一番上のアイキャッチ画像はブログの内容を表しているもの、見出し画像はそれぞれの内容を表しているものを貼ります。

たとえば「飲酒運転の問題」というブログ内容なら、アイキャッチ画像に「事故」の画像、見出し画像は「パトカー」の画像、といった具合です

このブログは説明用の画像だらけで参考にならないのですが、下のような記事は黄金パターンになっています。

【参考記事】

ブログに画像を貼る効果

 ●画像をブログに貼ると?

・文章ばかりだと読むのに疲れてしまい離脱(読者が他のブログへ移動してしまう)されるのを防ぐ。

・文章の合間に画像を入れることによって、読者の脳を休憩させる。

・カッコ良くなる。

 以上のような効果があります。

無料画像サイト

よくつかう無料画像サイトには以下のような有名なサイトがあります。

ぱくたそ

ぱくたそは人物写真が多く、ユニークなフリー画像がたくさん用意されており、筆者もぱくたそを一番利用しています。

ぱくたそのフリー画像
フリー素材ぱくたそより引用

●ぱくたそはこちら

スポンサーリンク

写真AC

何万種類の画像がダウンロードできます。写真ACにはないという写真がないくらい豊富で、有名です。

写真ACの無料画像
フリーフォト写真ACより引用

●写真ACはこちらから無料会員登録していただくとありがたいす!
  ↓↓

O-DAN

O-DANフリー画像
O-DANより引用

被写体に外国人が多く、カッコ良くなります。

●O-DANはこちら

フリー素材いらすとや

無料イラスト集です。いらすとやは有名です。
この絵はいろんなサイトで目にするのではないかと思います。

いらすとやのふりー画像
フリー素材いらすとやより引用

●いらすとやはこちら

まだまだありますので、「画像 無料」などで検索してみてください。

スポンサーリンク

フリー画像サイトの使い方

基本、フリー画像サイトは無料で使えますが、著作権はサイト側のほうにあります。

また、個人のブログ等で利用するには問題ないですが、商用利用(ブログで収入を得たり、印刷物を売ったり)は可と不可のサイトがあります。商用利用する場合、サイトの注意書きをよく読んでからにしましょう。

写真AC、イラストACなどは豊富な画像がそろっているのですが、無料会員でダウンロードできるのは1日5枚まで、それ以上は有料会員でないとダウンロードできません。が、他のサイトと組み合わせれば5枚で十分です。

無料画像を検索

ぱくたそ」と「はてなブログ」でやってみます。例として「温泉の効能について」の記事とします。

まず無料画像を検索します。ぱくたそを開いて「温泉」と入れてみましょう

ぱくたそで無料画像の検索をする
フリー素材ぱくたそより引用

「温泉」に関する画像がたくさんでてきますね
  ↓↓

ぱくたそで温泉の無料画像を検索
フリー素材ぱくたそより引用

●画面下のこの部分でページを変えます

ぱくたそでフリー画像検索のページ送り
フリー素材ぱくたそより引用

温泉には美女が出てたほうがいいような気がするので、その美女の写真をクリックすると大きくなります。

画面をずーっと下に下げると、ダウンロードするボタンがあります

フリー画像ぱくたその茜さや
フリー素材ぱくたそより引用

真ん中のMサイズを押します

無料画像ぱくたそのダウンロードボタン
フリー素材ぱくたそより引用

●名前をつけて保存してください

ダウンロードしたフリー画像を名前を付けて保存
スポンサーリンク

画像が集まったら、大きさを整える

自分の思うような写真が集まったら、次は大きさを整えます。「食レポブログ」や「旅ブログ」の方も、ここからは同じです。

用意したのが横長の写真で、たいていはすごく大きいです。無料ブログの場合、画像の圧縮する機能がないため、大きい写真を貼ると表示スピードが遅くなります。

記事の表示が遅いとGoogleの評価が下がるため、適度な大きさに変更します。具体的には、800×600pxまたは640×480pxあたりに小さくします(ブログによって違うため、どれがちょうどいいか最初に試してみてください)

画像の大きさを変える

普段つかっている画像ソフトがあればそれを、なければWindows標準装備の「ペイントブラシ」を起動します。

●無料でオススメの画像ソフトは「PictBear

軽くて多機能です。簡単な画像加工に使っています。

●本格的な画像ソフト「Medibang Paint Pro」

このソフトはプロのイラストレーター並みの画像が作成でき、しかも無料。この機能で無料でいいんでしょうか、という感じです。人物像を書くときなどに使っています。

とりあえず今は「ペイントブラシ」でご説明します。エクスプローラーの目的の画像を、ペイントブラシにドラッグ&ドロップ(マウスで引っ張っていく)します。

無料画像をペイントブラシで加工する

大きな画像が表示されます。左上の「サイズ変更」>「ピクセル」>「水平方向=800」に設定し、「OK」を押すと画像が小さくなります。

フリー画像をペイントブラシで加工する

画像が半分くらいになります。

大きなフリー画像をペイントブラシで小さく加工する

左上の「ファイル」>「名前を付けて保存」で完了です。

スポンサーリンク

はてなブログで実際にフリー画像を貼り付ける

まず、実際は先に記事を書いておきます。(例なので適当です)

はてなブログにフリー画像を貼り付ける準備

画面右側の赤〇印のところをクリックして「+写真を投稿」にした後、エクスプローラーから好きな画像をドラッグ&ドロップします。

はてなブログにフリー画像を貼り付ける

小さなウィンドウが開くので、alt属性を指定します。その画像の説明、画像が表している内容を文章でいれておきます。
温泉につかる美女」とかいった感じです。

フリー画像のalt属性を設定する

●alt属性とは
・ユーザーのクエリに対して、最適な画像を情報を提供する
・画像の題材についての有用な情報を提供する
・ウェブページの画像を見ることができないユーザーに画像についての情報を提供する
・アンカー テキストと同様に扱われる(画像にリンクが張られてる場合)
このように、ユーザー対して利便性を高める効果が期待でき、サイトパフォーマンスの向上が見込めます。

SEOラボ alt属性とは?基礎知識からSEOに効果的な使い方まで解説!  より引用

このような役割があるのですが、ちょっと難しいので初心者のうちは「とりあえず画像にはalt属性を入力しておくをつけておけばいいです。

記事に画像が張り付きます。カーソルのある場所に画像が張り付くので、変な場所に張り付いたら消して、カーソルを動かしてやりなおしてください。

●記事と画像が出来たら、左下の「公開する」をクリック

フリー画像をはてなブログに貼り付けた例

●「公開する」をクリックすると、画面真ん中に「記事を見る」が出るのでクリック

完成です!

(下にもう一つ画像を貼っています)

フリー画像を使ったブログ記事


だいぶブログらしくなってきましたね。

スポンサーリンク

どのブログもやり方は大差ない

画像を貼り方のはどのブログも同じようなもんです。

●ライブドアブログは赤四角の部分

無料画像をライブドアブログに貼る方法

●アメブロも赤四角の部分

フリー画像をアメブロに貼る方法

●gooブログも赤四角の部分に画像をドラッグ&ドロップすれば記事に張り付きます

無料画像をgooブログに貼る方法
スポンサーリンク

【参考記事】

まとめ

画像は普通のブログには必須です。いくら役に立つ記事でも、文字ばかりの医療記事やWikipediaなどを読むのはちょっとしんどいですね。

ツイッターは140文字の制限があり、文字ばかりの長文は書くことが出来ず、かわりに画像が貼り付けられるため、読みやすいですね。

読むのがしんどいと読者も離れていきます

文字ばかりではなく画像もふんだんに使って読みやすいブログにしましょう

【合わせて読みたい】


コメント