Webの文章力を向上させるには?知っておきたいWebライティングスキル

Webの文章力を向上させるWebライティングスキル ブログ
スポンサーリンク

こんにちは。

ブログ書いてますか?

ブログを書きながらこんなことを思いませんか?

  • ブログを書いているのだから、みんなに記事を読んでほしい
  • せっかくサイトを作ったのだから、収入にしたい

インフラやアプリが発達した現在、ブログ、ライン、ツイッター、インスタ、Webサイトの文章や仕事のプレゼン資料など、次から次へと文章を作る機会があります。

しかし、「読まれる文章」を書かなければ、読んでもらえません。
「読まれる文章」を書くためには、Webの文章力を向上させる必要があります。

Webの文章力とは

Webの文章力の向上
Webの文章力の向上

文章力とは「誰が読んでもわかる、読みやすい文章を作成する力」のことです。

例えば ツイッターなどのSNSでは、限られた文字数で相手を笑わせたり、喜ばせるような文章力が必要です。

反対に企業サイトやブログ、プレゼンテーションには、文字数に限りはありませんが「必要な情報を確実に相手に伝える文章力」が必要です。

Webの文章力を向上させるには

まずは多くの文章を読むことです。
文章を読んで、どんな文章の書き方かを覚えることです。

まず文章を読むこと

文章力を向上させるため文章を読む
文章力を向上させるため文章を読む

以下のような本や文章を読むと勉強になります。

  • 小説
  • 実用書
  • 新聞
  • 個人のブログ
  • 法人 (美容や医学情報など) のサイト

小説
小説は「この作者はこういう言い回しが得意なのか」などと作者独自の単語の
使い方や言い回し、表現方法の勉強になります。

そして文の作り方がわかってきます。

実用書
実用書は、無駄な文章を省いて要点だけを伝えるものがほとんどです。
読み進めたいようには書いてあり勉強になります。

新聞
新聞は社説以外は引き込まれることはありませんが、その性質上すべて客観的に書いてあるため、会社の文章や企業サイトなどに役立ちます。

個人のブログ
個人ブログは書き手の技量に差があるため

  • とても読みやすく分かりやすい文章
  • 読みづらく分かりにくい構成
  • 最後まで読む気がしない駄文

など、反面教師で参考にできるところがたくさんあります。

法人のメディアやサイト
法人のサイトでは、専門性があり、いかに商品がすぐれているか心を揺り動かされます。非常に分かりやすく書いてあるサイトが多く、参考になります。

スポンサーリンク

文章を書くこと

文章を書く
文章を書く

文章を書くには、まず見出しから考えます

文章をいきなり書き始めてはいけません。設計図なしで玄関から家を建てようとしているようなものです。

まずは文章のストーリーを考え、「見出し」を書いてみましょう。見出しができたらその下の小見出しを考えます。

そうするとブレない文章の筋書きが出来上がります。一通り見出しが出来て、初めて出だしを書くという順番になります。

Webの文章の書き方

Webの文章の書き方
Webの文章の書き方

Webの文章の書き方としてPREP法、商品を売りたいような場合はPASONAの法則という型があります。

Googleなどで検索するユーザーは、疑問の答えを早く知りたい、調べものを早く終わらせたい人が大半です。

そのようなWebで検索する人を満足させるにはどうしたらよいでしょうか?

まず、結論を先に述べることです。

PREP法と呼ばれる方法で、スピーチなどにも使われています。

Webの文章の書き方:PREP法

PREP法
PREP法

PREP法は結論を先出しし、Webで検索する人を満足させつつ、Googleの評価も上がる書き方です。

PREP法は以下の4つ構成の頭文字です。

  • Point:ポイント、結論
  • Reason:理由
  • Exanole:事例
  • Point:ポイント、結論

まず結論を述べ、その理由、事例を書き、最後にまた結論で締めます。

PREP法で書くことで、Webで検索する人はまず答えを見つけることになり、次に理由、事例を読み満足して離脱していきます。

以下のような書き方になります。
P) アルコールは1日1合~2合ほどの適量をたしなむべきです
R) アルコールを飲みすぎるとアルコール依存症になる可能性があります
E) アルコール依存症の平均寿命は52~53歳です
P) 健康的に長生きするために、アルコールは適量をたしなむべきです。

最初に結論を書かずにいつ終わるが分からない文章が続くと、早く情報を知りたいユーザに最初の数行で離脱されてしまいます。

Googleはユーザの行動をしっかり集めていて、文章がどれだけ読まれているかを指標で判断し、それは検索エンジンの順位にもかかわってきます。

読まれやすい文章は順位があがっていき、読みにくい文章はいつまで経っても下位のほうにいるため読んでもらえません。

スポンサーリンク

Webの文章の書き方:PASONAの法則

PASONAの法則
PASONAの法則

もう一つの方法は、PASONAの法則です。
Webではセールスレターアフィリエイト記事で使われる型です。

PASONAとは以下の5つの頭文字です。

  • Problem:問題提起
  • Agitation:あおる
  • SOlution:解決策を提案
  • Nallow Down:絞り込む
  • Action:行動へ誘導する

例えば以下のような文章です。
P) 20代の頃と比べて、小じわが増えてませんか
A) 年を重ねると、オデコ、目じりのしわやほうれい線に悩まされます
SO) このヒアルロン酸パッチを使うと、しわを減らすことができます
N) 3月末まで、300名様限定でわずか980円で販売中です
A) 下のボタンから注文できます

PASONAの法則は商品の販売などや会員登録してもらうためのライティング手法です。

いかに「ボタンを押させて購入してもらうか」に的を絞った書き方になります。

小説・読み物系の文章はWebでは通じない

小説・読み物系の文章
小説・読み物系の文章

読み物系では、とにかく最後の落ちやクライマックスまで読んでもらうための書き方をしています。

例えば小説でよくある書き方が「あんな事になろうとは、この時想像もしなかった」のように結論を出さず引っ張っていきます

次の章、次の章へと読み進んでもらい、のめり込んで行くように書いていきます

しかし、この書き方は、Webでは通用しません

それは、グーグルに「ユーザーファースト」の理念があるためです。

Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。
Google が検索に変更を加えるのは、検索結果の利便性を高めるためです。

Google検索 綿密に精査する より引用

つまり「ユーザを一番に、利便性が高く、有益な情報が検索結果に出るようにしています。

答えが出てこない文章は、検索結果に上がらず読まれない文章になってしまうのです。
よって結論を冒頭に書くべきなのです。

読み物系のほうが読んでいて面白いですが、Googleには好まれないのです。

スポンサーリンク

文章力を向上させるには まとめ

文章力を向上させるには

  • 様々な種類の文章を読んで慣れること
  • 文章の構成を考えた後に書き始めること
  • 文章の目的に応じて、PREP法やPASONAの法則などを使いわけ、なるべく冒頭に結論を記述すること

そしてたくさんの文章を書き、経験を重ねることにより文章力が向上し、良い文章を書けるようになるのです。

良い文章が書けるようになると、ブラウザで検索された時に上位表示され、文章を読んでもらえる機会が増えます

アフィリエイト記事やアドセンスでは収入発生の機会が増えるでしょう。

【あわせてよみたい】

【チェック】

コメント