ブログの記事タイトルのつけ方の基礎|読者にクリックされるタイトルをつけよう

ブログの記事タイトルのつけ方の基礎|読者にクリックされるタイトルをつけよう アクセスアップ

ブログの記事タイトルを適当につけていませんか。

記事タイトルは、グーグルなどの検索画面に表示されそれを読んだ読者が興味を持って、記事も読んでみようというきっかけになるものです。

いわば本屋に並んでいる背表紙みたいなものです。

記事タイトルで「読まれるか、読まれないか」が左右される大事なものです。

読者にクリックされるタイトルをつけましょう。

記事タイトルとは

ブログ一記事毎につけるタイトルです。

ブログ作成画面の一番上に入力する記事のタイトルです。

記事タイトルとは
記事タイトルとは

例えばワードプレスでは上記の赤四角ように一番上に入力します。

どのブログ(アメブロ、はてなブログ・・・)でも同じです。

スポンサーリンク

検索結果

記事タイトルはグーグルなどで検索した際、一番目立つ位置に表示されます。

検索結果
検索結果

赤線がタイトルですが、このように青字で大きなフォントで表示されます。(グーグルクローム)

検索した人はこれを上からクリックしたり、ざっと読んで良さそうな記事をクリックしたりしますね。

記事タイトルの文字数

記事タイトルの文字数
記事タイトルの文字数

例です。

まず記事タイトルの文字数ですが、32文字~40文字(半角は2つで1文字)に設定するのが一般的です。

これはグーグルなどのブラウザで検索した際、タイトルが32文字~40文字でちょんぎられてしまうからです。

(スマホなどで検索するとまた長さが変わります

切られた残りは「・・・」などとなり言葉は表示されません。32文字前後の長さになるよう工夫しましょう。

例は24文字とちょっと短くてもったいないですね。もう1単語入ります。

スポンサーリンク

記事タイトルにキーワードを使う

記事タイトルにキーワードを使う
記事タイトルにキーワードを使う

タイトルは、記事に合ったキーワードを入れます。

キーワードといっても

今日の昼メシはくそまずかった!もう行かない!

などの日記のようなものだと、キーワードは「昼メシ」だけになってしまいます。

目黒区ブログ堂のラーメンの味まずい!?なのになぜ行列が

のようにすると、キーワードは「目黒区 ブログ堂」「ラーメン」「」「なぜ」「行列」がキーワードとなり、検索に引っかかりやすくなります。

キーワードを前よせに

キーワードを前よせに
キーワードを前よせに

青い三角のように、左にいくほどキーワードの重みが増します。

基本的に重要なキーワードは前によせましょう。

※2020年6月現在の話ですが、実際に検索してみると上位記事に重要なキーワードが真ん中へんにあったりします。グーグルは日々アルゴリズムを変えているので、これも変わっていくかもしれません

サジェストワード、関連キーワードを参考に

サジェストワード」は聞いたことあると思います。

サジェストワードとは

検索した時に窓の下に出てくる赤四角のコレです。

サジェストワード、関連キーワードを参考に
サジェストワード、関連キーワードを参考に

皆さんがよく検索する複合ワードを自動表示しています。

これを使いましょう、と、よく教科書に書いてあるのですが、サジェストワードは皆がキーワードとして使っているため結局そのキーワードで作っても検索したら下位に出るだけで上位にいきません。

あくまでも参考程度にしましょう。

また、パーソナライズといって自分が過去検索した結果が反映される場合があります。

ブラウザ右上の「:」のようなメニューから「シークレットウィンドウ」を使いましょう。

これと似たものに「関連キーワード」があります。

スポンサーリンク

関連キーワードとは

検索画面の下に10個表示されるキーワードです。

関連キーワード
関連キーワード

これも同じことで、使いましょうといいたいところですが、そのまま使うと上位表示されにくいため、参考程度にしましょう。

(サジェストワード、関連キーワードをうまく組み合わせると上位にいけるかもしれません)

検索意図に合わせたタイトルに

検索意図に合わせたタイトルに
検索意図に合わせたタイトルに

ユーザは何かをしたくてブラウザで検索します。

グーグルが提唱する4つの検索意図(検索する瞬間:モーメント)に、以下のものがあります。

  • know-moments(知りたい)
  • go-moments(行きたい)
  • do-moments(したい)
  • buy-moments(買いたい)

ユーザはほとんどこの4つのどれかで検索します。

このどれかに値する記事を書き、相応するタイトル付けをすると記事が読まれる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

数字を使う

数字を使う
数字を使う

今度は具体的な話です。

タイトルに数字を使うと読者はなぜか読みたくなります。

できれば奇数を使うと良いです。

上の検索結果①は順位1位の記事ですが、「10個の実例」「6つのルール」と、2か所も使われています。

2か所使うのは難しいですが、1つならわりと簡単にできるのではないでしょうか。

記号を使う

記号を使う
記号を使う

記号を使って、検索結果で目立たせるという方法があります。
上の検索結果④では「【記事タイトルの付け方】」に「【】」を使って目立たせています。

』」大カッコや「★」星、「|」パイプを使うこともあります。

皆さんもいろいろ検索して目立つタイトルを見つけてみてください。

検索結果の答えがありそう

検索結果の答えがありそう
検索結果の答えがありそう

4つの検索意図があることは述べました。

  • know-moments(知りたい)
  • go-moments(行きたい)
  • do-moments(したい)
  • buy-moments(買いたい)

ですね。

この検索意図に答えがありそうなタイトル(記事内容)にすると読まれやすくなります。

イヤホンを買うため電器屋に行ってみたけど種類が多すぎてわからんかった!

の日記のようなのは検索されにくく、

初心者向けbluetoothイヤホン7つを紹介。最新機種を徹底分析!

だと「bluetoothイヤホン 最新機種」などの検索で「buy-moments(買いたい)」に引っかかるかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容を表すものに

記事の内容を表すものに
記事の内容を表すものに

記事タイトルにこりすぎて、記事内容からかけ離れすぎてはいけません

読者は冒頭を読んで、

「自分の欲しい情報がないな」

と感じると、すぐに記事から離脱して検索画面に戻り、次の記事へいってしまします。

ユーザーエクスペリエンス」(その記事での「ユーザ体験」)が悪いということで、記事の評価が落とされてしまいます。注意しましょう。

ブログの記事タイトルのつけ方の基礎 まとめ

記事タイトルについて、一部を簡単に書いてみましたが、これらのことを気をつけるだけでも読者の反応は変わってくると思います。

記事タイトルだけで数記事を使って説明するブログもあるほど、奥が深いものです。

タイトルだけで1時間使っても短いくらいです。

また続きをよろしくお願いいたします。

【あわせてよみたい】

【チェック】

スポンサーリンク

コメント