【悪玉コレステロールと善玉コレステロール】40歳過ぎたら要チェック

善玉コレステロール、悪玉コレステロール 栄養素

人間ドッグや健康診断で採血をしたら、やれ「コレステロール値が高い」「生活習慣病だ」などといわれ、心筋梗塞脳梗塞になると脅されたことはありませんか。

実際には悪玉コレステロール(LDLコレステロール)値が140mg/dl以上だと「高コレステロール血症」といわれ、次のようなリスクがあります。

  • 悪玉コレステロールが多いと、気がつかないうちに動脈硬化が進行する
  • 動脈硬化の進行で血管の壁にコブのようなものができ、傷つくと血小板が集まり、血栓ができる
  • 血栓が原因で脳の血管がつまり、脳梗塞になる
  • 同じく心臓の血管がつまり、心筋梗塞になる

●記事の内容

コレステロール

この記事では、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の働きと害について、できるだけ分かりやすく説明しています。

●筆者

内科医・栄養管理師・老人ホーム施設長の筆者
老人ホーム施設長の筆者

老人介護施設の施設長を5年務めて引退。そんな私もいつの間にか高齢に。
アトピー、身体が痛い、シワに白髪に薄毛体質改善のために飲み始めた青汁にハマり、とうとう青汁研究室長に

コレステロールとは

悪玉コレステロールと善玉コレステロール
悪玉コレステロールと善玉コレステロール

コレステロールは身体に必要なもの

一般的に、コレステロールは害ばかり強調されています。しかし、コレステロールはヒトの身体に必要なものなのです。

コレステロールは血管に流れる脂のひとつです。まず、髪の毛や肌を滑らかにする働きがあります。そして細胞膜、脂肪、ホルモンの吸収を助ける胆汁酸(※)の原料になります。、

※胆汁酸:胆汁に含まれる酸。腸に入ってきた食物の脂肪の吸収を助ける働きがある

コレステロールが不足すると、髪の毛や肌がパサパサになってしまいます。そして細菌に感染しやすくなり、血管が弱くなって脳内出血などが起こりやすくなります。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールとがありますが、元々は同じものです

参考:大正製薬 コレステロールと中性脂肪について詳しく知ろう

悪玉コレステロールとは

動脈硬化の進行
動脈硬化の進行

悪玉コレステロールは、正式にはLDLコレステロール(Low Density Lipoprotein:低比重リポタンパク質)といいます。

正常値は140mg/dl以内です

コレステロールそのものは肝臓で作られます。
その作られたコレストロールを全身に運ぶのがLDLコレステロールの役目です。しかし、悪玉(LDL)コレステロールが増えすぎると動脈硬化になり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

LDLコレステロールは、増えすぎると血管の壁に溜まっていきます。そして活性酸素の作用で酸化し、過酸化脂質となります。過酸化脂質どんどん溜まっていくと、血管に血栓ができ、血栓が流れてしまうと心筋梗塞・狭心症・脳梗塞などの疾患の原因となります。

防ぐには、食物繊維、EPA・DHAを食事でしっかりとることで、コレステロールを抑えることが大事です。LDLコレステロールの酸化を防ぐために、ビタミンC・E・ポリフェノールなど、抗酸化作用のある栄養をしっかり摂りましょう

参考:厚生労働省e-ヘルスネット LDLコレステロール

また、サンスターが出している「緑でサラナ」という、効果を国が審査したトクホの野菜ジュースが、3週間がコレステロールを下げる働きがあります。悪玉コレステロール値の高い人にオススメです。

トクホ(特定保健用食品)とは

サンスター・緑でサラナ

善玉コレステロールとは

善玉コレステロール(HDLコレステロール)とは

善玉コレステロールは正式にはHDLコレステロール「High Density Lipoprotein」で高比重リポタンパクの略です。

余分なコレステロールを回収する働きがあります。血管の壁に溜まったコレステロールを掃除し、肝臓へ戻す役目をします。

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすため、普段の食事に気を使いましょう。納豆や豆腐などの大豆タンパクは、コレステロールの吸収を抑えますオレイン酸が多いオリーブ油や、青魚に多く含まれるEPA・DHAなど不飽和脂肪酸は善玉コレステロールを減らさず、悪玉コレステロールを減らします

参考:厚生労働省e-ヘルスネット HDLコレステロール

また、前述した「緑でサラナ」というトクホの野菜ジュースが、3週間でコレステロール値を下げる働きがあります。
緑でサラナ

まとめ 悪玉コレステロールと善玉コレステロール

コレステロールは、人間の身体にはなくてはならないものです。不足すると肌や髪の毛がパサパサになります。

悪玉コレステロールは肝臓からコレステロールを血管に運びますが、量が多すぎると血管壁にたまっていき、血栓の原因となります。血栓が流れていき、心臓の血管で詰まると心筋梗塞、脳の血管で詰まると脳梗塞の原因になります。

善玉コレステロールは逆に、血管壁にたまったものを肝臓に持ち帰ります

採血をしたら、必ず値を確認しておきましょう。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の正常値は140mg/dl以内です。

あなたに役立つ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました